バーチャルマーケットについて

バーチャルマーケットとは

来場者が会場に展示された3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着、鑑賞、購入できる、バーチャル空間最大のマーケットフェスティバルです。
バーチャルマーケットは、その開催を通じて「バーチャル空間を発展させ、豊かにする」ことを目指します。

VRクリエイターによる3Dモデルの祭典 参加者は世界各地からバーチャル空間に来場 出展企業も大幅増。新しい広報体験
VR空間上での使用を想定したアバターや3Dアイテムなど、バラエティ豊かな商品が発売されます。 ヘッドマウントディスプレイは不要。パソコンさえあれば、どこからでも、バーチャル空間上の会場へアクセスできます。 VR関連企業やVtuber関連企業、ゲーム業界など、様々な業種の企業様から出展を頂いています。新たな市場の芽生えを感じて頂くことが出来ます。

バーチャルマーケットのミッション

「パラリアルワールドの実現」

パラリアルワールド(並行現実世界)とは
パラ parallel(平行)+リアル real(現実)
パラレルとリアルを組み合わせた造語。

バーチャルマーケットは、その開催を通じて 「バーチャル空間を発展させ、豊かにする」 ことを目指します。バーチャル空間に、現実空間に比する経済圏を作ることによって、人々の生きる選択肢を増やす 「きっかけ」 であり続けます。

バーチャルマーケットには、 思想機能 があります。
バーチャルマーケットの 思想 とは 「その開催を通じてバーチャル世界をより豊かにし”バーチャルで生きる”ことを可能とすること」 です。
バーチャルマーケットを開催することによって、たくさんのモデルがこの世にうまれ、多くの人がバーチャル空間を訪れ、それに伴い経済圏が構築されていきます。
物理現実と肩を並べるほどの巨大な経済圏をバーチャル空間内に作ることで、バーチャル空間はもう1つの現実となります。
人は、1つの物理現実と無数のバーチャル現実の中で、好きな場所、好きな姿、好きな職を得て、より自由に生きていくことが出来るようになるでしょう。

バーチャルマーケットの 機能 とは 「きっかけ」 です。
バーチャルマーケットが年に2回開催されることにより、クリエイターは「〆切を得る」ことができます。これにより、創作モチベーションの向上と、作品発表のきっかけとなります。
バーチャルマーケットに来場するユーザーは、会場を見て回ることによって好みの作品や今まで知らなかった推しクリエイターとの出会いのきっかけを得ることができます。
企業にとっては、バーチャルという未開の地に対して、数十万人の来場者ベースがあるバーチャルマーケットに出展をすることにより、次世代の空間のインターネットで自社がどのような価値を提供できるかの実験を行うきっかけになります。
世界最大級のマーケットフェスティバルであるバーチャルマーケットが開催される度、バーチャル世界に触れる人が増え、いつの日か当たり前のように誰もがバーチャルと現実を行き来する時代が来ることでしょう。
そのきっかけとなるのがバーチャルマーケットなのです。